丈夫な木材を使用する

災害に備えたいなら注文住宅がおすすめ

新たに住宅を建てる予定があるならば、あらかじめ情報収集を念入りに行うことが大切です。特に、地震などの災害に備えたいと考えているならば、注文住宅の建築を検討しましょう。なぜなら、地震などの災害に強い構造や木材などを取り入れることができるためです。まずは、建築方法についてチェックしましょう。梁の太さや本数、ツーバイフォーなどの工法を確かめることはとても大事です。おすすめしたいのは、注文住宅を請け負っている工務店の見学会を訪れることです。実際に耐震効果の高い建築方法について質問することができますので、住宅の満足度が高くなります。ベテランのスタッフが常駐していますから、建築費用に関する相談も可能です。

木材の選択はとても重要なポイント

地震などの災害に強い注文住宅を建てたい方におすすめしたいのは、木材の選択を慎重に行うことです。数多くの木材が使用されていますので、それぞれの特徴を把握しておきましょう。折れにくく、丈夫な木材として、ヒノキとスギが挙げられています。日本では伝統的な木材として使われていましたので、信頼度が高いという特徴があります。ほかに、アカマツとヒバも耐震性に優れた木材として知られています。ただし、それぞれの木材によって価格が異なりますので、事前に工務店と相談することが大切です。また、使用する木材の本数や建築方法によって、費用が大きく変動します。さまざまなシミュレーションを行いながら、正確な費用を算出することがコツです。